【鷹匠中】テスト返却

少しずつ返却されています。

2年生も3年生も、結構いい感じだと思っているのですが、ここでいつものお決まりのやり取り。

松:いい感じやね!!

生:いやでも、〇〇がもう少し取れると思ってた。

と納得のいかない様子。もっともっといい成績を取りたいんだという気持ちが顔から見て取れる。

だから、私もそろそろ、いい感じだね!!って言うのをやめないといけないのかもしれない。(思ったことをすぐに口に出してしまうタイプなので、なかなか難しいけど。)

そうやって反省してくれるから、次へのステップに行けるのでありがたい。

細かく分析し、次のテストにつなげてほしい。 次は期末テスト。

2か月ほど空くので少しモチベーションを維持するためのイベントが必要かなと考えています。

教室長 松本飛鳥

【鷹匠中】ネガティブ

まあ、うちの教室にはネガティブな生徒が多いこと。

生:新しいクラスが嫌だ。

松:なんで? 生:なんか、友達ができる気がしない。

松:だれかに話しかけてみた?

生:いや、話しかけてない。

松:なんで? 生:自分のこと、嫌いって思ってそう。

松:昔何かあったん?

生:ない。初めて同じクラスになった。

もう、この辺くらいまでくると、何が何だかわからなくて、笑いがこみあげてくる。

もし話しかけて嫌われたら。もしいじめられたら。もし変な子やと思われたら。などなど そうやってグルグルグルグル頭を悩ませているようで、そんなことで悩むくらいなら、その時間を勉強に回してほしいと思う。

何を不安に思うことがあるのだろうか。うちの生徒はそんな人に嫌われるような子たちじゃない。

でも本人たちからすると、とても深刻な問題らしい。

あー、こういう性格の子たちって受験にむかんのよなー。 落ちたらどうしよう。もし忘れ物したらどうしよう。当日風邪ひいたらどうしよう。 たくさん不安になって、勉強が思うようにはかどらなくなる。 だから、これから私はこの子たちの気持ちの持ち方、考え方を軌道修正しなければならない。 と同時に、そんな繊細な子たちの進路決定は、より時間をかけて行わなければならない。 本人たちが行きたい学校は、その子にとって楽しいのか。その学校に行ってちゃんと3年間通えるのか。その子に合っているのか。 視野を広く、客観的に説明してあげなければならない。

今日はどうやった?楽しかった?友達出来た?って毎日聞いている。

明日は、今日よりも楽しかったよって帰ってきてくれたらいいな。

教室長 松本飛鳥

【鷹匠】3年生・実力テスト前の雰囲気

あれ?もう受験シーズンが到来したの??

というくらいに、新中3生が自習に来るくる。

ん?なんか私ご褒美の約束でもしたっけかな?と思うくらいに、みんなが自習に来て勉強してる。

長時間勉強しているけど、勉強の仕方はまだまだ甘いようです。

(ずっと観察していると、口を出したくて仕方がない。ちょっとくらいはアドバイスはするけど。でもがんばろうって気持ちの時に、やいやい言われたらテンションさがるもんね。だから、ぐっと我慢。)

やろうっていう気持ち。がんばりたいっていう気持ち。それが大事。

もし、今回頑張ってるのに、結果が出なかったら、一緒に反省してそこで改善してもらったらいい。やる気になったから、人のアドバイスに耳を傾けられるようになる。素直に実践してくれる。そしたら、ウソみたいに成績が上がる。

気持ちって大事。気持ちが入ってからが本番。

毎年10月くらいに感じることを今年はもうすでに感じ始めています。

楽しみだな。1年間、今のこの気持ちが継続しますように。

教室長 松本飛鳥

【鷹匠】小学生定期テストのご報告+α

小学生定期テスト。

テスト前に積極的に自習に来たS 君。

あきらめずに最後まで英単語の練習をしたN さん。

順位を一つでも上げるため同じ問題を理解するまでがんばったT 君。

前回のテストでの反省を生かし解けない問題を後回しにし時間配分に気を付けたY 君。

早く終わってもボケーっとせずに解きなおしをしていたY さん。

などなど今回の定期テストでもたくさんのがんばる姿勢が見られまし

た。とはいえ、まだまだ納得のいく結果ではなかったので、3学期はもう少しスパルタな対策をしようかと思っています。

3学期は4年生もテストがあります。

4年生の生徒たちにも目標を決めて頑張ってほしいです。

 

さて教室の中はいよいよ受験モードになってきました。

休み時間は質問への対応、作文の添削も毎日して、うわーなんか大変!!と私の仕事量でもわかるのですが、教室がピリッとしていて、なんとも言えない“あの”空気感がいよいよ受験だなと思わせてくれます。

加え、中学2年生が来年に向けて頑張り始めたものだから、こちらも負けないようにがんばる次第です。

 

あれ、登場していない学年がある。笑(君たちは君たちのペースで今年もがんばろう。)

 

教室長:松本飛鳥

【鷹匠】好きな季節がやってきた。

なぜか小学生より早く塾に来て勉強を始める中3。

なぜかチャイムが鳴っても帰らない中3。

友達との会話の内容が、問題の解き方だったり、受験の話だったり、勉強のことに変ってきて。

私にとっては一年で一番忙しい季節。

だけど、彼らの頑張りを目にし心を打たれる日も多い。

この瞬間を大事にしたい。

教室長 松本飛鳥

【鷹匠中】トライやるウィーク

買い物をしていると、トライやる中の長峰中の男の子にIC カードの営業をされた。

彼は、とてもにこやかに近づいてきて、大きな声であいさつをし、そしてそのカードの説明をし始めた。

時間がなかったので、作らなかったけど、とても好印象で大人顔負けの営業力だったと思う。

何よりも嫌々やっているのではなく楽しんで仕事をしている感じが伝わってきた。

その話を中2にもした。彼らは笑ってそんなんできんわーと言っていた。

そしてその後、彼らもトライやるに行ったわけだが、初日「どうやった?」と聞いたら「しんどかったー」と返ってきた。
内容を聞いてみると、ずっと単調な作業ばっかりだったとか、掃除がめんどくさかったとか。

やりたい仕事がさせてもらえなかったとか。仕事ってそんなもん。
やりたいことばっかりじゃないし、好きでやっててもストレスがたまることもある。

自分がしんどいなと思ったときにどういう心の持ち方をするか、その問題に対してどうやって解決するかを考える力を養うために、今勉強をしているのである。

先の彼のように与えられた仕事を楽める力があれば問題はないのだが、きっとそうではない生徒のほうが多いのかもしれない。

彼らが大人になって、おもんない毎日を過ごさなくていいように、今私が伝えらえれることをしっかりと伝えていこうと思った。

 

   教室長:松本飛鳥

【鷹匠中】テスト2週間前

鷹匠中学校は今日で、期末テストまであと2週間です。

2年生はワークの進み具合も順調で、去年に比べるとテスト前の準備がしっかりとできるようになってきました。 授業が終わってからも、わからなかった問題をわかるまで質問してきたりと、気合十分です。

3年生は、自習中に何をやってるのかなと見渡してみると、もう美術や保健体育を勉強している人がいました!!!!!! 普段から5教科の対策は進めているので、この時期に4教科の勉強をする余裕があるのかなとうれしくなりました。

先輩たちに比べると1年生はまだまだモチベーションが低いのですが、2週間前やで→来週からテスト対策はじまる?→やば、ワークしあげな!くらいの反応にはなっています。

学年を経るごとに、作戦の立て方や時間の使い方が上手になっていくのだと信じ、同じことを繰り返し言っていこうと思っています。

 

私も準備を急がなきゃいけないなあと少し焦っています。

 

教室長 松本飛鳥

【鷹匠中】私の本業

中2の生徒。昔はただ言われたことをやっているだけの勉強だったのに、最近は「先生、ここ何で?」って聞いてきます。

そうやって勉強し始めて2か月くらい経ちますが、思考するスピードが上がってきました。

これまでは、ヒント8くらいまで出さないと理解できなかった問題がヒント4くらいで「あっ!」って言うようになり、私の方がびっくりしています。

彼女が変わったきっかけは、テストの点数が上がったこと。

何でかなって考えて勉強し始めた最初のテストでガンと点数が上がったのです。

他にも変わったところがあります。

授業が始まる前に前回学習したプリントの見直しをしています。

難しい問題に直面しても「何でこんなんやらなあかんの?大人になって使う時あるん?」というネガティブな発言をしなくなりました。

前向きに勉強することで勉強の効率が上がり、成績への相乗効果が期待できます。

これからが本当に楽しみです。

変わるきっかけを作るのが私の仕事でもあるのですが、今回は直接私がやる気スイッチを押したわけではなさそうです。。。

でもやっぱり目の前で成長する瞬間を見れることほど先生冥利に尽きることはありませんね。

なかなかon になってくれないスイッチもあるけど、これからもどんどん押していこうと思っています。

教室長:松本飛鳥

【鷹匠中】英検の結果

英検の結果をがでました。

ほとんどの生徒が合格をしていて本当にうれしく思っています。

合格したことがきっかけで、これまで英語嫌いだった生徒が英語の勉強量を増やしていたりと、やはり成功体験ほど勉強の効果があがるものはないと実感しました。

次は二次試験。

英語だけではなく対話の雰囲気なども見られます。

推薦入試の練習だと思い、そういったところの指導もしていきたいです。

 

教室長 松本飛鳥

【鷹匠中】テスト返却後

テストが少しずつ返ってきています。

まだ全部が返却されていないことと平均点がわからない(クラスによって平均点にばらつきが多いので判断しづらい。。)ので、まだ何とも言えないのですが、まずまずの成績で返ってきたかなと思っています。

 

1年生のテスト返却後、社会が〇点やったワーイ。〇〇ができんかったガーン。

2年生のテスト返却後、一問わからん問題があった。一回やった問題やったのに計算がうまくいかんかった。

3年生のテスト返却後、黙って直しノートを作る。この問題の意味わからんかったんやけど教えて。

 

直しが大事。直しが一番。直しせんならその問題解かんほうがまし。と口酸っぱく言っている成果なのかな。さすが3年生。

毎年こうやって、3年生の頼もしい背中を見て後輩たちは学んでいく。

私が3年生を頼もしいと感じ、彼らが成長したなと感傷的になる季節がやってきました。受験の季節がやってきます。さー今年も勝つぞ。

 

教室長 松本飛鳥