【浜脇中】浜脇中まもなく期末テスト1週間前です!

今年度浜脇中学校は中間テストがありませんでした
ので、例年より少し早いですが、今週の水曜日(6/3)
よりテスト1週間前となります。

中学1年生にとっては初めての定期テスト1週間前。
中学2年生にとってはトライやるウィーク明け早々定期テスト1週間前。
中学3年生にとっては修学旅行最終日から定期テスト1週間前。

各学年、学校行事なども重なり大変だった思いますが、
学校ワークの進捗状況を確認しながら、無事定期テスト1週間前に
突入できそうです。

テスト1週間前では、テスト範囲の総復習・各自レベルに合わせた
弱点克服・テストを想定した演習問題などを中心に定期テストで
得点できるよう授業を進めていきます。

テスト対策期間は土日も含めて毎日補習授業を行っておりますので
一人で学習が進められない、定期テストの点数UPの方法がわからない
などございましたら、お気軽に当教室までご連絡ください。

さぁ、皆さん定期テストに向けて頑張りましょう!
教室長 谷良太

【浜脇】給食の献立

先日小学生の授業の休み時間に今日の給食は何だったか聞いていました。

谷「今日給食何やったん?」
生徒「パンと・・・」
谷「牛乳と・・・」
生徒「野菜スープと・・・あとメドゥーサ。」
谷「メドューサ??」
生徒「ちがう。メルルーサ。」
谷「あ~メルルーサか。いや、わからんわからん。料理の名前?」
生徒「魚の名前・・・。」

恥ずかしながら初耳の魚の名前で、しかも話を聞くと結構な頻度で
学校の給食では登場するようです。
小学生には今日の給食はなんだったのかをよく聞くのですが
たまたま今までメルルーサが献立に入っている日がなかったようです。

僕も西宮出身なので小学校・中学校と給食を食べていましたが
僕の時代にはメルルーサたる魚を使ったメニューはなかったです。

メルルーサ、メルルーサ、メルルーサ・・・

なんかF.Fの召喚で出てきそうな名前。
しかも、バハムートの次くらいに強そう。

ついつい口ずさみたくなるメルルーサ。

その日は、中学生や高校生が来るたびに
「メルルーサ知ってる?」と質問。

「給食で出てた魚ですか?」
「魚やろ?」

どうやら今の宮っ子には一般常識レベルのようです。
メルルーサが気になる方は是非検索を。

教室長 谷良太

【浜脇中】自分へのメッセージ

この時期中学3年生には自分への一年後へのメッセージとして
、決意表明として自分の目標校を紙に書いてもらっています。

それを一年間教室に掲示します。

最終的には一年後の受験間近にご本人にお守り代わりとして
お返ししています。

個人的にこの一年後の紙質が結構好きです。
少しインクも色あせ、紙の色もややセピアががっています。

毎年受験生と共に過ごした一年間という時間の流れを視覚で
感じることができるからです。

生徒にもよくお伝えしますがまずは一年後受験校が
変わっているかもしれないけれども現状の自分の目標
(志望校)を明確にもつこと。

そうすることで学習に対するモチベーションも変わって
くると思っていますし、学習をする意味が備わります。

学習に対してモチベーションが維持できない方は
まずはどの高校に進学したいか考えてみましょう。

各高校についてどれくらいの内申点が必要なのか、
どういう特色があるのかなどわからないことがあれば
いくらでもご相談に乗りますよ。


教室長 谷良太

【浜脇中】計画的に学習を進めよう

今年度の浜脇中の1学期の定期テストは1回しかありません。
通常定期テストは、1学期・2学期は中間テスト・期末テストと
2回実施されますが、今年度は大型連休の兼ね合いもあり
1回だけになったようです。

実施期間は6/12(水)~15(金)に予定されています。

生徒の皆さんからしてみればテストが一つ減りラッキー!と
思っているかもしれませんが、そうでもありません。

テストが一回に集約されるということはそれだけそのテストの
重要性が増すということになりますし、何よりテスト範囲が
普段より多くなるはずです。もちろん全科目です。

当塾では通常2週間前から学校のワークを進めるよう指導を
行い、1週間前からは演習問題を解いてもらうようにしています。

ですが、今回はそれでは間に合わないと思っています。
4週間前からお声掛けをして各生徒さんの進捗状況を
チェックしていこうと思っています。

つまり、G・Wが明けて1週間後には定期テストを意識した
生活を始めなければならないということですね。
(生徒さんの悲鳴が聞こえてきそうですが・・・)

特に中学3年生は、6/3(月)から修学旅行もあります。
帰ってきたら早々にテスト1週間前に入りますから、更に
余裕を持って学習を進めておく必要がありますね。

常々お越しいただいている生徒さんにはお伝えしていますが
塾で学習した単元は、その都度学校のワークで復習をするの
が理想的です。
そうすれば、テスト前に慌てて学校のワークを仕上げることも
なくなりますし、心にも時間にも余裕を持ってテスト勉強に
励むことができると思います。

自分一人ではなかなか思うように学習が進まない・何をしたら
テストで点数が上がるのかわからないなどお悩みの場合は
お気軽にご相談ください。
無理なく学習を進められるよう一人ひとりに合わせた指導を
行っていきます。


教室長 谷良太

【浜脇中】おみくじ

ある小学生と授業前におみくじの話をしていました。「何が出た?」と聞くと「ダイフクです。」と返答がありました。

ん?聞き間違えたか?

「大吉出たん?」と聞いてみるとやっぱりダイフクと答えている。

え?何それ?

話を聞いてみるとおみくじを引いた際にもらう紙の色も黄色だったそうで何やら縁起が良さそう。

大吉よりも良さそうである。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、西宮えびす神社でどうやら今年から「大吉」とは別に「大福」という新しいおみくじが加えられていたようです。

これは引いてみたい!と思いましたが、今年は初めて橿原神宮でおみくじを引き、幸先よく「大吉」を引きました。

だから、それより下がってしまうリスクを回避し今回はえびす神社でのおみくじは見送ることにしました。
「大福」と「大吉」のダブルで「大谷」になれる可能性もありましたがここは安全に。

今年一年は「大吉」パワーで一年を乗り切り、来年は「大福」を目指してみようと思います。

 

教室長:谷良太

【浜脇中】12 番と13 番は大きく異なる

新しい一年が始まりました。今年もみなさんのサポートを全力でしていきたいと思っておりますので、どうぞ今年も宜しくお願い致します。

さて、今年は僕個人としても区切りの1 年で3 度目の年男を迎えました。

十二支の物語で『子』が『丑』の背中から飛び降り一番になったという話は有名ですが、『亥』が本当は一番初めに到着していたがそのまま通り過ぎてしまい結局12 番目になったという説もあるようです。

この猪突猛進が仇となったというエピソードはさておき『亥』が良かったのはそれでも12 番目にゴールできたということ。

13 番目にゴールしたと言われるイタチ(諸説多々あり)には申し訳ないですが、この差は大きい。

『子』であれ『亥』であれ干支であることに変わりはありません。

この時期になるとどうしても受験生へのメッセージ性が強くなってしまいますが、正月気分が抜けない受験生を『未』然に防ぐため、正月早々頭が痛いかもしれませんが先生より皆さんに忠告『申』し上げます。

さぁ、頑張ろう!!

 

教室長:谷良太

【浜脇中】米は日本人にとって切っても切れない関係

先日、中学2年生と地理の学習で東北地方の問題を解いていると1993 年の米の作況指数(平年の米の収穫量を100 とした場合の数値)が示された問題がありました。なんで1993 年なのだろうか?

あ、この年は米不足の年か!今からもう25 年も前のことかと思いながら、自分の体験談をまじえて皆さんに解説をしました。その問題に載っていた資料を興味深く見てみると、太平洋側の地域ではやませの影響で作況指数が1や2の地域を筆頭に例年の1割にも満たない地域が多々ありました。

日本の米の食料自給率は約100%、そして東北地方で収穫される米は全体の約25%ですから、そりゃ米不足になりますね。近年の異常気象のことを考えると、今後いつかまたこの年のように国内で収穫されるお米が激減し、次なる米騒動が起こるかもしれません。

今の子どもたちはさほど苦ではないかもしれませんが、個人的にお米が食べられないのは非常に辛い。

もしそうなった時は、トランプ大統領に「米はやく!」とお願いしましょう。

 

教室長:谷良太

【浜脇中】来週からテスト1週間前です

来週11月11日(月)から浜脇中学校は期末テスト1週間前です。

当塾では塾内生を対象にテスト1週間前から土日も含め毎日補習 授業を行っています。

期末テストは実技科目(音楽・技術/家庭科・保健/体育)のテスト もあり大変だと思います。

「1週間前に入ったら勉強する!」ではなく、もうテストに向けて 準備を始めるようにしましょうね。

 

●テスト勉強のやり方がわからない

●何を学習すればいいかわからない

●自宅では学習がはかどらない

●実践的な問題を解きたい

●わからないところを質問したい など、学習に関してのお悩み相談などございましたら お気軽にご連絡ください。

 

みんな期末テスト頑張るぞ~!

 

教室長 谷良太

【浜脇中】実力テスト

10/30(火)に中学3年生は実力テストが予定されています。

現在浜脇教室では実力テストに向けて、中学3年生は補習授業を 行っています。

実戦形式の問題を解いていき今までの学習した範囲 の復習をしてもらっています。

もちろん今回の実力テストは来年の高校入試を視野に入れて実施される ものであり、テストの難易度や問題構成は兵庫県公立高校の学力検査に 近しいものになると予想されます。

難しいと感じるかもしれませんが、途中で諦めることなくテストに 挑んでほしいと思います。

また、塾生には常日頃伝えていますが時間に余裕があれば見直しを すること。

見直しをすれば1問2問は間違っている答えが見つかる はずです。

それが5科目となればそれなりに大きな点数になります。 英語のスペル、漢字、計算など確実に点数を取らなければ ならない箇所での減点は必ず防ぐようにしましょう。

 

当教室は浜脇中学校に特化した個別学習塾です。

学習面に関してご相談ございましたらお気軽にご連絡ください。

 

教室長 谷良太

【浜脇】この5日間をどう使うか?!

先日の台風の影響で本日予定されていた浜脇中学校の 課題テストは来週の月曜日に延期されました。

個人的にはこれはチャンスだと思い、本日の授業内容も 予定とは変更して、テストに向けての学習を行いました。

今週いっぱいの授業はテスト対策の授業に切り替えようと 思っています。

予習をすることも考えましたが、目下に迫って いるテストで、点数を取ることができなければ本末転倒です。

英語や国語は得点源となりそうな範囲が出題されています。

せっかく伸びた学習時間です。

じっくりと腰を据えて頑張って下さいね!

 

教室長 谷良太