文武両道

 

 

 

先日、ノーベル医学生理学賞を山中伸弥・京都大 教授が受賞しました。

山中教授らは、皮ふなどの細 胞から、さまざまな細胞になりうる能力をもった、 人工多能性幹細胞を作り出すことに成功しました。

しかし、そこにいたるまでには、失敗や困難の連続 だったそうです。

そんな苦しい研究生活を支えた彼 の集中力は、学生時代から存分に発揮されていたよ うです。

中学、高校では柔道部に所属しながら、限 られた時間をうまく使って、「文武両道」の生活を 送ったというエピソードを読みました。

 

ここまでで、先生がみなさんに伝えたいことは、 なんとなく伝わったのではないかと思います。

まず はニュースに関心を持ってほしいと思います。

そし て、何ごとにも意欲を持って取り組んでみてくださ い。きっと何か興味のあることが見つかり、みなさ んの文武両道を支える集中力になるはずです。

10月24日水曜日 上野中マスター教室 石盛 嘉浩

www.infinity-goukaku.com