インフィニティ あのね日記

インフィニティからのお知らせや日々の教室での出来事など

【今津】風邪に負けない

今年も気づいたら12 月になっています。本当に一年が過ぎるのは速いですね。秋の過ごしやすい気候はあっという間に終わり、冬がやってきました。

毎冬平均して一回は風邪をひく私にとってはいかに体調を崩さず耐えるのかという試練の季節です。

昔の中国の兵法家の孫氏の言葉に「彼を知り己を知れば百戦危うからず、彼を知らずして己を知れば一勝一敗す」というものがあります。

彼(病気)と自らの体調を把握してれば大丈夫なのは当然として、ここで大事なのはその次の相手を知らなくても自らのことを把握しておけば五分には持ち込めるということではないかと思っています。

体調管理で考えると大体私は朝起きた時に喉が枯れたような感じになり、水分補給をしてもそれが引かない時に風邪をひいています。
つまり寝ている間に冷えたりなんやかんやしているから風邪をひいているのでしょう。

よってそこを対策すれば完勝はなくとも引き分けには持ち込めるはず。
皆さんの場合はどうでしょうか。

教室長:瓜生翔太

【魚崎】期末テスト終了

魚崎中・住吉中は先週の金曜日までに期末テストが終わりました。

このブログの更新がままならない程の忙しさでしたが何より頑張ってくれたのは他ならぬ生徒の皆さんです。

この努力が1点でも結果につながってくれれば自信になり良い相乗効果が期待出来ますね!

高校生の皆さんは今週明けからが期末テストです。

科目数が多い分1週間近くの長丁場ですが体調を崩さぬ様に頑張りましょうね!

期末テストも終わり成績が返却され冬休みがやってきます。

皆さんにとって数少ない復習のチャンスです。

この1年。

完璧にどの科目もマスター出来たという生徒さんはほんの一握り。

大半の生徒があやふやなままで過ごしてしまいます。

これまでの授業が上手く進んでいれば良いのですが大半の中学校が遅れ気味なので3学期の単元はサラ~と流されてしまいがちです。

ここでもあやふやな理解で新学年に進んでしまう事になってしまいます。

学校の授業が止まる今こそ今年1年間の総復習を行い自分自身何があやふやなのかを再点検する必要があります。

夏休みとは異なり時間が限られてしまいます。

魚崎教室では必ず冬期講習会に向けて生徒と面談します。

どの科目の何の単元をどういう学習法で学ぶのか。

前回からの反省点や改善点などを継続して話をしています。

もちろん教室の生徒だけに限りません。

どなたでも参加は可能です。

まずはお気軽にご相談下さい!

 

新年を

明るい笑顔で

迎えよう

 

教室長 松村承樹

2018年12月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 松本飛鳥

【六甲本部】12月といえば!

12 月、今年も気づけば残すところあと1ヶ月ですね。

塾の仕事を長く続けていると、年替わりよりも年度替わりの方が大きな節目になってしまいますが、それでもやはり今年最後の締めくくりとして、終わりよければすべてよし、12 月の1ヶ月間をしっかりと過ごしたいと思います。

さて、受験生のみなさんは12 月に何をしなくてはいけないか、わかっていますね?受験勉強?それは当たり前!

この時期にみなさんがしなくてはいけないのは受験校を決めることです。

中学受験生、大学受験生は、年が明けるとすぐに入試が始まりますから、併願パターンまでしっかりと決めておきましょう。

高校受験生は、期末テストが終わると内申点が決まり、三者面談で私立の受験校を(専願か併願かも)決定しなくてはいけません。

12 月には各私立高校で入試説明会が行われます。

気になる学校があれば、参加して自分の目でどんな学校かを確かめておきましょうもちろん、受験校のことで迷ったら、ドンドン先生たちに相談してください!

【浜脇中】米は日本人にとって切っても切れない関係

先日、中学2年生と地理の学習で東北地方の問題を解いていると1993 年の米の作況指数(平年の米の収穫量を100 とした場合の数値)が示された問題がありました。なんで1993 年なのだろうか?

あ、この年は米不足の年か!今からもう25 年も前のことかと思いながら、自分の体験談をまじえて皆さんに解説をしました。その問題に載っていた資料を興味深く見てみると、太平洋側の地域ではやませの影響で作況指数が1や2の地域を筆頭に例年の1割にも満たない地域が多々ありました。

日本の米の食料自給率は約100%、そして東北地方で収穫される米は全体の約25%ですから、そりゃ米不足になりますね。近年の異常気象のことを考えると、今後いつかまたこの年のように国内で収穫されるお米が激減し、次なる米騒動が起こるかもしれません。

今の子どもたちはさほど苦ではないかもしれませんが、個人的にお米が食べられないのは非常に辛い。

もしそうなった時は、トランプ大統領に「米はやく!」とお願いしましょう。

 

教室長:谷良太

【鷹匠中】トライやるウィーク

買い物をしていると、トライやる中の長峰中の男の子にIC カードの営業をされた。

彼は、とてもにこやかに近づいてきて、大きな声であいさつをし、そしてそのカードの説明をし始めた。

時間がなかったので、作らなかったけど、とても好印象で大人顔負けの営業力だったと思う。

何よりも嫌々やっているのではなく楽しんで仕事をしている感じが伝わってきた。

その話を中2にもした。彼らは笑ってそんなんできんわーと言っていた。

そしてその後、彼らもトライやるに行ったわけだが、初日「どうやった?」と聞いたら「しんどかったー」と返ってきた。
内容を聞いてみると、ずっと単調な作業ばっかりだったとか、掃除がめんどくさかったとか。

やりたい仕事がさせてもらえなかったとか。仕事ってそんなもん。
やりたいことばっかりじゃないし、好きでやっててもストレスがたまることもある。

自分がしんどいなと思ったときにどういう心の持ち方をするか、その問題に対してどうやって解決するかを考える力を養うために、今勉強をしているのである。

先の彼のように与えられた仕事を楽める力があれば問題はないのだが、きっとそうではない生徒のほうが多いのかもしれない。

彼らが大人になって、おもんない毎日を過ごさなくていいように、今私が伝えらえれることをしっかりと伝えていこうと思った。

 

   教室長:松本飛鳥