【浜脇】新年の目標!はいいとして

 真実かどうかは知りませんが有名な話として。江戸時代の長州藩で行われた正月の宴では毎年恒例の儀式があったそうです。家臣の「今年は討幕の儀如何に」という問いかけに藩主が「時期尚早」と答える、つまり今年こそ憎き徳川幕府を倒すぞ、いやまだ時期が早い、という掛け合いを約270年続けていたわけです。関ヶ原以後の幕府の仕打ちに対して不満を抱いていた藩は他にもたくさんありますが長州藩がすごかったのはその時の気持ちを忘れずに持ち続けたこと、そのための準備を続けたこと、そしてその目的を成し遂げたことです。立派な志や目標を立てるのは自由ですがそれを貫徹できるかはまた別の話で、『自助論』の有名な一節にもあるように「天は自らを助くる者を助く」ものです。今皆さんは正月ということで立派な一年の目標を立てているでしょう。目標を立てるのはいいことですが大事なのは今のその目標を達成したいと感じた気持ちを一年間持ち続けることですよ。

教室長 瓜生翔太


◆冬休み明けの平常授業は1/7(木)から再開します。木曜日に授業がない中1は年明け最初の授業が1/11(祝)になるので注意してください。
◆冬休みは色々な行事があってつい宿題を忘れがちです。気づいたらもう始業式だ、ということにならないように日頃から進めておきましょう。