「なぜ勉強しなきゃいけないの」

大人になるにつれ世界がそれまで教えられてきたような、優しく親切な場所ではないと気づき始めます。大人になる過程は興味深いものです。我々は理解できないまま良からぬ現実を知るものです。私たちは「死」を理解する前に死を知ることになりますよね。「悪」も同じです。世界にはびこる悪について理解できるようになる前にその存在を知るわけです。人は物事を理解すると同時に理解していない状態でそれを学んでいるのです。しかし心の底から理解してはいない。「死」や「悪」に関して口先だけであまり理解していません。大人になることは自分の至らぬ点を認め自身を赦すことです。現実には人生は困難だがそれでも折り合いをつけることを学ぶべきなのです。とはいえ自分自身に完璧を求めてはいけません。自身の至らない点を受け入れる術を学ぶこと、それが大人になる上で重要なのです。

 

 

もう6年前の放送ですが、ETV特集「カズオ・イシグロをさがして」より。

 

 

答えの一つにはなっているかも。

 

長峰中マスター教室 教室長:古田芳郎

電磁誘導なかなかやりよる

先日読んだ新聞記事から。

地球全体は一つの巨大な磁石になっていますが、なぜその磁場(地磁気)が発生するのかというお話。

地球の構造は中心から順に主成分が鉄の固体コア・液体コア、岩石などで構成される下部マントル・上部マントルとなっています。

固体コアと液体コアの境界では高圧により液体鉄の一部が固体化し固体コア周辺に集まるため、液体コアの成分に濃度差が生じ対流が発生します。

この対流がコイルの役割を果たし、電流が流れて磁界が発生します。

コイル?磁界?中3生の諸君は気づきましたね?そう「電磁誘導」と同じ仕組みです。

さてこの磁場、地球上の生物を有害な太陽風や宇宙放射線などから守る働きもあるのですが、35億年前には存在したと確認はされているものの、固体コアができたのは約7~13億年前とのことでそれ以前の磁場発生のメカニズムは不明とされていました。

しかし近時、液体コアに含まれる二酸化ケイ素の結晶化によっても同様の対流…字数が。

 

あとは教室で記事を読んでね。

 

長峰中マスター教室 教室長:古田芳郎

英語にも音と訓がある?

漢字には音と訓の読みがありますが、これらは中国(漢や呉)から漢字を輸入した 際の中国での読み方と、それ以前から日本にあった大和(やまと)言葉をあてた読み 方というのは皆さん習っていると思います。

「山」を「サン」と「やま」と読むのがそれ ですね。

さて、英語にもこの音訓に似たような違いがあるって知ってました?

英語 は 12 世紀と 16 世紀に大きな波に洗われます。

ノルマン征服とルネサンスです。

前者ではフランス語、後者ではラテン語の言葉たちが英語に流入します。

The fight was brought to an end. と The conflict was terminated. はどちらも「戦いは終 わった」という意味ですが、二つの文を比べると前の文より後ろの文の方が堅い気 がしませんか。

前の文は古来からあった英語、後ろの文は流入したラテン語由来の 言葉が使われています。

日本語でも「戦いは終わった」と漢語を使った「紛争は終結 した」とでは文の堅苦しさが違いますよね。

異なる言語でも似たような感覚が生ま れるのって何か不思議。

 

長峰中マスター教室 教室長:古田芳郎

時空を超えた旅

神戸市立博物館で開催されている古代ギリシャ展を先般観に行ってきました。

紀元前 4000 ~ 3000 年頃の人をかたどった像から始まり帝政ローマ期に至る まで、さまざまな彫刻や手工芸品などの展示がされていました。

全 325 点の展 示物の 9 割以上は日本初公開とのこと。

地元岡山にもオリエント美術館があり、 古代の遺物を見に足しげく通っていたのですが、今回はどれだけ見ても飽きず、 実は時間が足りなくなってその日は後半の展示まで観ることができませんでし た。

歴史や地理になかなか食指の動かない中学生もこんな展覧会に足を運べば 興味が湧くかなあなどと思いつつ帰りがけに案内のパンフレットをもらい、早 速教室の一番目立つ場所に貼ってみました。

4月初めまでの開催期間なので、 近々見残した後半部を観に行くつもりですが、教室で参加者を募ってツアーで も組もうかな。

緻密なわざや造形の見事さは興味はなくとも観て損はないはず。

 

そうだ、ギリシャ神話の本でも書架にそれとなく置いてみよう…。

 

長峰中マスター教室 教室長:古田芳郎

大学入試も色々変わりますね

 

以前から推薦入試・AO入試では出願資格が英検準2級以上という外部の英 語検定が利用されていましたが、近年ではセンター試験に代わる新しい「共通 テスト」でも英語試験として外部検定の利用が検討されたり、各大学の一般入 試でその利用が急増しています。

入試本番前にあらかじめ外部検定を取得して おくことが、新しい大学入試のスタイルとして広がっていくと予想されていま す。

旺文社の教育情報センターの調査では、2017 年度は全 764 大学中、推薦・ AOで 41%(314 大学)、一般入試で 14%(110 大学)が入試に外部検定を 利用しているとのこと。

求められる英語レベルを見ると、推薦・AOは国が高 校卒業時の目標として定める英検準2~2級程度が 82.1%、準1級が 10.7%。 一般入試では、英検準2~2級が 64.4%、準1級が 33.5%。一般入試の方が 求められる英語レベルは高めです。

また、国立大学と難関私立大学は準1級レ ベルが多いようです。

一発勝負の入試より何度も受けられる検定の方が気が楽?

長峰中マスター教室 教室長:古田芳郎

実世界への関心の強さが読解力の差を生む。

 

 

国立情報学研究所の調査では、文章と図表から成る初見のドキュメントを、 人がどのように読解するかについて、次のようなプロセスが含まれると考えら れています。

(11 項目の内 1 ~ 4 までを抜粋)

1. 文節に正しく区切る。(例: 私は学校に行く。→私は / 学校に / 行く。)

2. 係り受けの構造を正しく認識する。 (例:美しい水車小屋の乙女。→美しいのは「乙女」である)

3. 述語項構造や接 続詞を正しく解析する。(「誰が」「何を」「どうした」のような構造を正しく認 識する)

4. 照応関係を正しく認識する。(例:私はハンカチを落とした。それ を彼は拾った。→「それ」は「ハンカチ」である)

 

ここまでだけでも日常生活で の経験や伝聞、学校における学びから得られる範囲の知識および常識が前提と なります。

(例:私は岡田と広島に行く / 私は岡山と広島に行く の 2 文の意味認識には岡山と広島が県名であること、岡田という言葉が苗字である蓋然性 の高さを「知っている」ことが必要)

 

自分の周りの「世界への関心」が重要です。

長峰中マスター教室 教室長:古田芳郎

目的性のある練習のみが、能力を開花させる

 

 

心理学者アンダース・エリクソンが、傑出した技能の原因を調査した。有名 な音楽学校のバイオリニストを3つのグループ、

A:国際的なソリストになる ことが期待されるグループ

B:国際的なオーケストラで演奏できても、スター ソリストまでは期待されないグループ

C:音楽教師になることが期待されてい るグループ

に分け、詳しくインタビューした結果、三者ともに同じような家庭 環境・年齢から楽器を始めていることがわかった。同じような人生を歩んでき たのに差がついたことから、才能の有無によるものと結論されがちだが、実は「真 剣に練習してきた累計時間」には大きな差があった。20 歳になるまでに

A の どの学生も平均 1 万時間の「圧倒的な」練習を積んでいた。B は 8000 時間、C は 4000 時間だという。

ABC のどの学生も音楽に携わった時間は同じでも、真 剣に取り組んできた時間で大きく差がついたという。

つまり、タイトルの言葉。

長峰中マスター教室 教室長:古田芳郎

遠い夏

 

今年で戦後70年。

その5/7も生きてるぜ、1を超えることはないけれど生きてる限りじわじわと1に近づくんだな、と今更ながら驚く。

幼いころはまだごく身近に戦地帰りの人がたくさんいて、軍帽を被った傷痍軍人が街角に座っていたりもした。

祖父の家の屋根裏を探検してたら軍用銃が出てきたり、満州からの引揚者だった母が中国残留孤児帰国のニュースを見ては涙を流していたり、なにかしら爪痕を感じていたけれど、もはやそれらも遠い昔のことになった。

祖父母や父母の話を複雑な思いで、でも実感も湧かぬまま聞いていた高度経済成長以降に生まれた私以上に、今の子供達には戦中戦後のあれこれは絵空事のように聞こえるのだろうか。

幸いこの70年はそんな記憶を新たにすることもなかったけれど、教室で無邪気に笑う子供たちにとっても、歴史の教科書で習うだけのもの、であってほしいと願う。

 

8月17日 月曜日 長峰中マスター教室 古田 芳郎

www.infinity-goukaku.com

初めて携帯を持ったのは、27 歳のとき

学習意欲の科学的研究に関するプロジェクト(仙台市教育委員会、東北大学)の調査・分析によると、携帯やスマホを長時間使用していると「いくら勉強していても成績が下がる」という結果が出たのだそうです。

1 日に2 時間以上勉強する子も30 分未満の子も、1 日の使用時間が1 時間を超えたところからほぼ同じ傾きで成績が下降していくグラフが出ていました。

また、目標意識(世の中の役に立ちたいなど)や知的探究心(知りたいと思うとじっとしていられない)と学力の関係をみると、それらの高い子供と低い子供とでは学年が上がるにつれて平均点の差が大きくなっています。

しじゅうスマホや携帯を触っている子は、ゲームで時間を失ったり、仲間内の世界に依存してそれ以外の世界に触れず、自分をはかるものさしを持てていないように思えます。

便利さとの諸刃の剣ですが、野放しにしない目配りが必要ですね。

5月27日 水曜日 長峰中マスター教室 古田 芳郎

www.infinity-goukaku.com

世界には約7000 の言語があるんだそうな

 

今年の中3生の修学旅行はディズニーランドらしい。

なにっ!?

修学旅行の「修学」はどこにいった?

と思って生徒らに尋ねると、

「国際感覚」を涵養するという立派な目的があるのだと。

御意。

じゃあ簡単な挨拶の言葉を7 カ国語ほど覚えてもらおうかな。

Xin chào( シン・チャオ) / Hyvää päivää. ( ヒュバー・パイヴァー) / Selamat sore ( スラマッ・ソーレ) /Γει σαζ( ヤーサス) /Dobrý den( ドブリー・デン) / Merhaba ( メルハバ) /Здравейте( ズドラヴェイテ)。

順に、ヴェトナム語/フィンランド語/インドネシア語/ギリシャ語/チェコ語/トルコ語/ブルガリア語の「こんにちは」だそうです。

海外からの旅行者らしき人を見かけたら、笑顔でこの言葉で話しかけてみよう。

ディズニーランドで7カ国全部の人に挨拶できたら、豪華粗品を進呈しましょう。

さあLet’s greet people from foreign countries!

本当にクリアしたらすごいね…。

 

4月21日 火曜日 長峰中マスター教室 古田 芳郎

www.infinity-goukaku.com