今年の公立高校入試

 

中学卒業生のみなさん、公立高校入試、そして1年間の受験勉強、お疲れ様でした。

今年の入試は、例年よりも難しくなりました。特に理科は計算問題の量が増えただけではなく、思考する問題が多かったこともあり、時間が足らなかった人も多くいたと思います。また、国語では評論文の内容が難しく、語彙力がなければ対応できなかったと思います。その他の科目は例年並みよりちょっと難しいかなという難易度でした。

数年前と比べると入試問題は一気に難しくなっており、より高いレベルでの思考能力と知識が必要となってきています。
そこで今回は、実力が身につく受験勉強のやり方についてお話ししていきましょう。

受験勉強で大切なことは、勉強したことを確実に身につける仕組みを作ることです。赤で答えを書いただけで満足してしまう。答えを読んで頭で理解しただけでできるようになったと思ってしまう。これでは、せっかく勉強したのに、わからないままになっていたり、すぐに忘れてしまったりで、これではどれだけ勉強をしても実力は身につきません。これが勉強しているのに成績が上がらない人の典型的なパターンです。勉強とは、わからないことを理解し、使えるようにすることです。問題を解く⇒間違える⇒理解する⇒練習する⇒身につける、といった勉強の流れを作ることが一番大切です。

こういった話を生徒によくするのですが、本当に実践している人は多くありません。一度勉強したところをもう一度勉強するのは面倒くさいかもしれません。頭ではやった方がいいのはわかっていてもなかなか実践できないのもわかりますが、広い範囲をサラッと勉強するよりも狭い範囲を何度も勉強するほうが確実に内容を身に付けることができます。今から1年間これを意識するだけで成績は変わってきます。

今から1年間これを意識するだけで成績は変わってきます。

間違い直しのコツ

あけましておめでとうございます!
受験生のみなさん、受験勉強頑張っていますか?中学3年生の学習範囲も一通り終わり、そろそろ志望校の過去問演習をしようという段階に来ていると思います。そこで今回は「正
しい間違い直しのやり方」について考えていきましょう。
みなさんは間違い直しをどのようにしていますか?答えを読んで理解できたと思ったら、赤で答えを書きこんで終わりにする。そしてもう一度解けるかやり直してみる。これが一
般的なやり方だと思いますが、このやり方に「自分の答えはどこが間違えていたのか」を考えることでさらに良い間違い直しになります。
高校の入試過去問(赤本)の答えは正しい答えのみが載っている場合が多く、正解にならなかった選択肢のどこが間違えているのかを詳しく載せていない場合があります。特に
国語の解答はその傾向が強く、間違い直しをしたはずなのになんだかよくわからないということになってしまいます。

そのような時は、そのままにしてはいけません。もう一度本文を読み直し、選択肢の中におかしな表現が含まれていないかをチェックして、なぜ違うのかを考えてみましょう。国
語は、紛らわしい選択肢が多く、2択になって悩む問題が多くあります。この2択をなんとなく選んでいると国語の成績は安定しません。しっかりとした根拠を本文から見つけて
きて、選択肢を選ぶことが大切です。それでも間違えてしまった問題は、自分の考え方のどこが間違っていたのか気になるはずです。それを、惜しかったな、の一言で終わらせて
しまうのはもったいないですね。ここでもう一歩踏み込んでなぜ間違えたのかを突き詰めて考えてみるようにしましょう。

あ、入試まであと少し。最後まであきらめずに頑張って、みんなで合格を勝ち取りに行きましょう!

教えて友田先生!!~志望校の選び方~

急に寒いなと感じる日が増えてきましたが、みなさん体調は崩していませんか?

風邪をひいて、熱が出る、鼻水が止まらない、咳が出るといった状態では、集中して勉強することができません。

体調管理も受験の大切な一つの要素です。体と相談しながら勉強をするようにしてくださいね。
中学3年生のみなさん、志望校は決まりましたか?

まだ悩んでいる人も多くいると思いますが、12月に行われる三者面談で志望校を決めなければいけないので、11月中に志望校を固めておく必要があります。

そこで志望校を決めるポイントをいくつか紹介しておきます。
1.受験勉強中心か、部活や校外活動に力を入れている学校か?
2.大規模な学校か、少人数で丁寧な指導をしてくれる学校か?
3.通学に無理はないか?
4.進学校か附属高か?
附属の場合、内部進学、外部受験の実績をしっかり確認してください。
5.学校の周囲の環境は大丈夫か?
6.入試問題の難易度が自分に合っているかどうか。

(入試問題の傾向は、高校によって大きく異なります。まずは入試過去問をチェックして、どのような対策が必要なのも考えておきましょう。)

焦ってとにかく受かる所を…と考えていると、自分の希望がよく分からないままなんとなく高校に通うことになってしまいます。

いろいろな角度から志望校を考えてみましょう。

 

 

意識改革をしよう!

中学卒業生のみなさん、公立高校入試、そして1年間の受験勉強、お疲れ様でした。

今年の入試は、理科の難易度が下がり、その他の科目は平年並みの難易度でした ね。

ここ数年入試問題は難しくなる傾向にあったのですが、少しホッとしました。

し かし、学区が統合されてからの公立高校入試問題は本当に難しく、今年は去年に比 べてましになった程度で楽観的になれるほどではありません。

幅広い知識と思考力 が試される問題が多く出題されるので、実力がなければ点数が取れないことにはか わりありません。

 

それでは、どのようにして実力を身に付ければいいの?いったい何を勉強したら いいの?という人もいると思うので、受験勉強のやり方についてお話ししていきま しょう。

 

受験勉強で大切なことは、勉強したことを確実に身につける仕組みを作ることで す。

赤で答えを書いただけで満足してしまう。答えを読んで頭で理解しただけでで きるようになったと思ってしまう。

これでは、せっかく勉強したのに、わからないま まになっていたり、すぐに忘れてしまったりで、どれだけ勉強をしても実力は身に つきません。

ざるで水をすくおうとするようなものです。これが勉強しているのに 成績が上がらない人の典型的なパターンです。

勉強とは、わからないことを理解し、使えるようにすることです。

問題を解く⇒間 違える⇒理解する⇒練習する⇒身につける、といった勉強の流れを作ることが一番 重要です。

 

答えを読んでもわからなければ調べてみる。

それでもわからなければ人 に聞いてみる。

何かわからないところある?と聞かれて何もないと答える。

でも、テ ストでは点数が取れない。

当てはまった人は勉強の流れが上手くできていないので はありませんか。

 

勉強の流れが出来上がれば受験勉強スタートです!

勉強の習慣をつける

 

公立高校入試本番まであとわずかになりました。

中学 3 年生のみ なさん、最後まであきらめずに、一つでも多くの苦手な単元を克服し て、入試本番を迎えてください。

今までの努力が実り、最高の結果に なることを期待しています。

 

 

さて、中学 2 年生のみなさん、受験はもう他人ごとではありませ ん。入試まであと 1 年、いや、内申点が決定する中3の2学期までと 考えるとあと9カ月しかありません。

ここ数年で兵庫県公立高校入 試問題は一気に難しくなり、簡単に点数が取れるテストではなく なってきています。

部活を引退してから頑張ろうなんて、のんびり構 えていると大変なことになってしまいます。

受験生として自覚を持 ち、毎日受験のための勉強をする習慣を身に付けなければいけませ ん。

そこで、今回は「勉強の習慣」についてお話しをしていきたいと思 います。

 

 

まず、勉強の習慣がない人は勉強せずに何をしているか考えま しょう。

スマホをいじる、テレビを見る、マンガを読む、寝るというの が一般的だと思います。

勉強しようと思っても、身の回りに誘惑があ ればつい遊んでしまうのは大人でも同じです。

本気で勉強したいの であれば、自分から封印して勉強ができる環境を作ることから始め てみましょう。

 

次に、机に向かうまで時間がかかる、机に向かってからダラダラす る、机に向かっても何をしたらいいのかわからないという人は、1週 間の勉強の流れを作ってみましょう。

曜日ごとに学校や塾の宿題な どやるべきことがあるはずです。

紙にやらなければいけないことを 書き出し、1週間の勉強の流れを書いてみましょう。

そして、比較的 空いている曜日に苦手分野の勉強を入れるようにすると計画の出来 上がりです。

 

最後に、闇雲に勉強をしていてもなかなか成績は上がりません。

例 えば、苦手な電流を克服するといった目標を決めましょう。

そうする ことで何をしたらいいのかがはっきりとして、勉強の習慣が身に付 けやすくなります。

シミュレーション

2月になると、私立高校入試まで10日、公立高校推薦入試まで1 5日になります。

少し緊張し始めている人もいる頃だと思います。

こ の時期に一度やっておいてほしいのが「入試のシミュレーション」で す。

いくつか項目を書いておくので実際にやってみて、今のうちに対 応策を考えておきましょう。

 

□入試までどんな勉強をする?

残りの日数を考えると、新しい参考書や問題集に手を出すのはや めておきましょう。むしろ、これまで使ってきた参考書や問題集で、 今までに間違えた問題を復習していくようにしましょう。

 

 

□入試本番、どの問題から解けばいい?

各科目共通で言えるのが、解ける問題から解くことです。時間が足 りなくて解ける問題で落としてしまうのは避けたいですね。そのた めにも、志望校の過去問演習をしている時に、問題を解く順番とその 時間配分のやり方を練習しておくようにしましょう。

 

 

□見直しは何に重点をおく?

たとえば、プラスマイナスのミスが多い人は、そのチェックに重点 を置くということです。これは人によって間違えるポイントが違う ので、日頃から自分の間違えるパターンを見つけておく必要があり ます。また、数学などでは適当に計算をあいているところに書くので はなく、後で見直しができるようにわかりやすく書いておくことも 大切です。

 

 

□入試当日は、何時に起床する?

生活が夜型になっている人も多いと思います。入試が始まる午前 中にしっかり頭が働くように、就寝・起床のリズムを整えていきま しょう。試験開始時刻の3時間前には起きる習慣をつけておくのがベ ストです。2月に入ったら、朝方に切り替えておくようにしましょう。

 

 

みなさん、チェックは済みましたか?入試本番は、急に緊張してお 腹が痛くなることもあるかもしれませんし、何が起こるかわかりま せん。だから、もしこうなったらと考えて準備しておくことですね。

嫌なことは先にやる

夏休みも終わりが近づきましたが、みなさんはどのような夏休みを過ごしましたか?

受験生のみなさんはたくさん勉強して充実した日々になったでしょうか。

一生懸命勉強した人は、必ず2学期以降で成績となって現れてきます。

勉強できた自分を信じて、もっともっ頑張っていきましょう!
さて、今回のテーマは「嫌なことは先にやる」ですが、みなさんは好きなことと嫌いなことどちらを先にやるか意識していますか?

先生の今までの経験を振り返ってみると、嫌なことを後回しにすると、後でさらに大変なことになってしまうことが多くあります。

例えば、仕事用のシャツにアイロンをかけようと思っていたけれど、後回しにしていて、出かける直前になってアイロンをかけようと思ったら、電話がかかってきてアイロンをあてる時間がなくなってしまったり、学生時代では、テスト前日にちょっと寝てから勉強しようと思って朝を迎えたり…。

逆に、嫌なことをとにかく先にやってしまうととても後が楽になります。

やることが全部終わった後の自由な時間で自分のやりたいことを思う存分やった方がより楽しめます。

この方が、時間を有効活用できるだけでなく、成長するスピードも速くなります。
これは、日々の生活だけではなく、勉強においても同じことが言えます。

苦手な科目を後回しにして、好きな科目ばかり勉強していると、苦手な科目は全く分からなくなり、嫌いな科目になってしまいます。

一度嫌いになってしまうと成績を上げるのはとても大変になってしまいます。

そうならないように、苦手だなと感じているうちに自分からどんどん勉強していくことが大切です。
夏休みが終わると内申点が決定する大事な2学期がやってきます。

受験生のみなさん、ここが正念場です。

夏休みと違って自分で勉強する時間は短くなります。

いかに時間を有効活用するかをよく考えてみましょう。

入試直前にやっておくこと

 

 

2月は、私立高校入試、公立高校推薦入試が行われます。

毎年、入試の直前になると不安な顔をして「何を勉強したらいいですか?」と聞かれることが多いのですが、確かに今さら何を勉強するのか悩む気持ちもよくわかります。

特に、入試の前日は焦りと不安で落ち着いて勉強できるような心理状態ではないかもしれません。

そんな状態で何を勉強すればいいのかが今回のテーマです。

 

ところで、みなさんは入試問題を演習していて、間違えた問題はどのようにしていますか。

解答を読んで理解し、もう一度解き直してから次の問題へ進むというやり方で勉強している人が多いと思います。

このやり方は一般的に正しいやり方ですが、これに「ノートにまとめる」という一手間を加えると今まで以上に理解が進み、覚えておける時間も長くなります。

ノートにまとめる作業は、初めは時間がかかるし、面倒くさいなと思うかもしれません。

でも、習慣になってくると問題のやり直しをしている時に、自然とどのようにまとめようかと考えるようになり、今まで以上に理解をすることができる
ことに気が付くはずです。

「難しいことを簡単にして理解する」この能力は勉強をしていく上で最も大切な能力です。

学校の授業を聞いている時も「結局何が大事なのかな?」と考え、その考えたことをノートにまとめる。

ただ単に学校の先生が書いた板書をノートに写すだけの時とは違った理解の仕方になります。

授業を聞いただけで、理解し覚えられる生徒がいるとすれば、この能力が高いということです。
そして、このノートにまとめるやり方は理解が深まるだけではありません。

もうみなさんは入試直前に何を勉強したらいいのかがわかりましたか?

そうですね。

今までまとめてきたノートを見直し、そういえばあの問題難しかったなとか、いろいろと思い出してください。

そうやって今までどれだけ努力してきたかが実感できれば、入試に向かう心の準備は万端ですね。

入試まであと少しです。

最後まで全力で受験勉強頑張っていきましょう!

 

 

「わからない!」からの!!

 

この間の数学の授業中の一コマ。

前回出した宿題をやってきていなかったA君に「何でやってこなかったん?」と聞くと「わからなかったから」と一言。

わからないから宿題をやらない。
うーん。

わかることしかやらないのだとすれば、勉強とはいったい…。
別の日の授業の一コマ。

さあ問題を解いてみようと時間を与えると、すぐに「わからないから教えて」と聞いてしまう。

 

「もう少し考えてみなー!」

と声をかけると

「だってわからないねんもん」

の一言。

もう少し粘って考えてほしいところですが、もう集中できる状態ではないので授業を進める…、

何だかなぁと残念な気持ちになります。
学校でも塾でも新しいことを学ぶのが勉強なので、「わからない」と思うことはいくらでも出てきます。

この「わからない」と思ったときに何をするかが一番大切なことなのです。

テストの時にわからないと思っても誰も教えてくれません。

そこで何を考えるかが問われているのです。

わからないところを全部飛ばして、テストを裏返して寝ている場合ではありません。
わからないところがわかれば成績は上がると思いますか?
わからないと思ったらすぐに解答を見ている限り、成績は上がりません。
わからないと思ってからのもうひと踏ん張りがより理解を深めてくれます。
現代人はものを大切にしないとよく言われていますが、それは簡単に手に入るからだと思いませんか?

苦労して手に入れたものは大切にするはずです。
それは勉強においても同じこと。

わからないところを考えたり、調べたり、苦労をしてようやくわかったことはなかなか忘れません。

わからないことをすぐに聞くのではなく、まずは考えること、それでもわからなかったら調べること、もうお手上げになってから聞くこと。

成績の良い子は、答えを聞こうとはしません。

逆に答えを言わないでほしいとお願いしてくるくらいです。

成績の差はほんの些細な考え方の違いから出てくるものではないでしょうか。

 

数学ができない!

 

 

今回のインフィニティだよりは「数学ができない!」という人に、できるようになるためのアドバイスです。
数学だけではなく、勉強一般に言えることですが、最も大切なことは「基本からの積み重ねがあるかどうか」です。

わり算の計算がおぼつかないのに方程式の計算をしようとしてもわからないのと同じことです。

まずは、今自分は何ができて、何ができないのかを考えてみましょう。

 
計算はどこまでできますか?

1.たし算、ひき算
2.九九
3.かけ算やわり算の筆算
4.小数のたし算、ひき算
5.小数のかけ算、わり算
6.分数のたし算、ひき算
7.分数のかけ算、わり算
上記の7 つの計算ができない人は、定期テストで30 点が取れない生徒によく見られます。

中学生になったら自動的に小学生の勉強が身につくわけではありません。

むしろ、他の人にやり方を聞けなくなり、わからないままどんどん勉強についていけなくなってしまいます。

そうなってしまう前に、1から7までの計算の練習をするようにしましょう。

計算が速く、正確にできるようになれば、次は考える力を身につけていきましょう。

 

考える力を身につけるためには、一つ一つの公式がどのようにして作られているかを理解することです。

公式を覚えて、数字を代入しているだけでは、応用問題が出てきても解くことはできません。

公式がどのようにして作られているのかは、学校の教科書に書いてあるので、理解できるまで読み直してみましょう。

もちろんわからないところは先生に聞いてくださいね。
数学は、物事を論理的に考える力を養うとても大切な科目です。

来年のお正月が来る前に頑張って克服してみませんか?