安堵よりも懸念が高まっています

公立高校一般入試が先日終わりました。

この時点で受験生の合否は知りません。

なので、この期間が一番モヤモヤする時期で、実際出題された問題を見ながら、『〇〇はApril って書けてるかなぁ・・・』『△△ちゃん、密度の問題できてるんかなぁ・・・』などブツブツと独り言で心配事を吐き出すのが恒例行事になっています。

私自身、問題で目を引いたのが国語の大問1。トライやる・ウィークの礼状を作成する際の下書きと修正文を用いた問題で、時候の挨拶に関する記号問題がありました。

アジサイが咲く時期=六月という知識が必要とされるもので、授業は当然のことですが普段から読書などで幅広い知識を得なければならないという印象を受けました。

この時候の挨拶の問題は例外と言えるかもしれませんが、やはり大事なことは基本が正確にできるかという点です。

四月=April と書けなければ手痛いミスになるということです。

ほんまに○○、大丈夫なんかなぁ・・・。

 

教室長:宇野健一

2018年3月14日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 松本飛鳥

誰が僧正遍昭やねん、もうちょい髪あるわい。

元旦に電話で起こされ初日の出なのに太陽雲で隠れた

初詣五分並んで願いごと神頼みして意味あるのかな

大晦日観たいテレビを我慢して勉強しながら除夜の鐘聞く

頑張るぞ受験勉強と思ったがいとことサッカーどちらも受験

もうだめだぜったいだめだ志望校赤本解いても点数上がらず

初めての受験の年のお正月残り日数かぞえてため息

お正月羽子板ついて餅食べてかるたをやってみたかったなあ

初日の出見てみたいなと思い寝て目が覚めたのは朝十一時

 

中3 生に短歌の宿題を年末年始に出したところ、ユーモアやペーソスあふれる歌が返ってきました(実を言うとそんな宿題そっちのけで勉強にいそしんでいたのか、ほぼ全
員その場で即興でひねっていたようですが笑)。高校受験もいよいよ間近に迫り、やる気に燃えたり緊張や焦りに襲われたりはたまた達観に至ったり?などさまざまの様子。集中と気分転換を上手にさせてあげたい、自信をつけさせてあげたい、と思いつつはや二月、いざ臨戦態勢へ。

 

教室長:古田芳郎

2018年1月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 松本飛鳥

頼りすぎてもアカン!?

高校受験を控える受験生の顔に焦りの色が浮かんでくる時期になりました。

受験生によっては眠気覚ましにコーヒーを飲むことで、「もうちょっと頑張るか!」なんてこともあるでしょう。

コーヒーと同じようにカフェインを含むエナジードリンクも同様の効果が得られるのですが、飲みすぎで死亡したケースがあると聞きます。

カフェインは過剰に摂取すると中毒症状が出るとされ、激しい吐き気やめまいを起こし、心拍数が上がるようです。

受験間近になると、勉強しないと落ち着いて寝られない。

だから深夜まで勉強してから寝るという生徒がいます。

が、入試当日のリズムは夜型ではなく朝型です。少しでも頑張って覚えたいという気持ちはわかりますが、生活リズムを夜型にしてしまうのは逆効果です。

朝型の生活リズムに体を順応させて本番に挑むのも、受験対策です。夜型の生徒はカフェインに頼らず、自分の生活リズムを朝型に変えることからはじめましょう。

頼るのは勉強の神様にしましょう。

 

教室長:宇野健一

2018年1月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 松本飛鳥

光陰矢のごとし

あけましておめでとうございます。

2018年も宜しくお願い致します。

毎年この時期になると新年の挨拶をしているのですが、年々月日が過ぎ去るのがはやく感じるようになってきました。

毎年感じる「うわぁそうかもう○○が受験なのか」という感情の「うわぁ」がどんどん重くなっていきます。

あの長かった年月が一気に短く感じるようになったのはやはり毎日やるべきこと、やらなければいけないことが増えてきてそれに追われているからでしょう。

この感覚を受験生はこれからの1月から3月にかけて体感することになります。

ついこの前までは「今はまだ2017年で受験は来年の話だ」とどこかで余裕を持っていたかもしれませんが、カレンダーで数えてみたらわかりますがすぐ試験当日がやってきます。

本番までの残りの時間は限られています。

有意義に使いましょう。そして春には楽しいことをたくさんやることで、あっという間に一日が終わる感覚を体験してもらいたいです。

 

教室長:瓜生翔太

2018年1月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 松本飛鳥

今年1年はどんな年にしたいですか?

新年を迎えると新たな目標をたてることがありますね。

今年こそはダイエットをするなど普段の生活面での目標や、苦手科目のテストで平均点以上をとるという学習面の目標などをよく耳にします。では、その目標に対する結果はどうでしょ
う?

周りの人の話を聞くと、なかなか目標を達成した人はいません。

自分もそうなりがちですが・・・。

目標を達成できていなかった人は私からの提案です。

1つの大きな目標に対して階段を1段ずつ上るようなイメージで、1段ずつの小さな目標を設定しましょう。

その小さな目標が達成できれば、次の小さな目標に向かいやすくなるはずです。

1段ずつの積み重ねがやがて大きな目標を達成することになると思います。

人間は成功体験を得ることで、次の目標に対するやる気が出ます。

まず、今年1年は小さな成功体験から始めませんか?

教室長:宇野健一

2018年1月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 松本飛鳥

時代の流れ

以前の新聞記事で、兵庫県の人口転出超過数(転出が転入を上回った数)が全国ワースト3の6760人というデータに驚きました。

転出数の半分以上が20代の若者で、大阪や首都圏への転出が目立つそうです。

時代によって働き方などが変わり、それに伴って居住地を決める要因は多様化しています。

若者が転出する要因も、都市圏への一極集中という時代の流れということが挙げられるでしょう。

また、大学入試も時代の流れにあわせて変わります。これまでの入試では知識・技能を多く求められていたものが、今後は習得した知識をどう活用し、どう表現するかという点が求められます。

いわゆる思考・判断・表現力と言われる能力を鍛えていく必要があります。

]これらは当然、短期間で身につくものでありませんので、普段の授業で少しずつ吸収していくことが重要です。

テスト前にあわてて詰め込むような勉強方法をしている生徒は、将来を見据えて勉強方法の改善をしましょう。

 

魚崎教室教室長:宇野健一

2017年6月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 松本飛鳥

習うより慣れよ

新しい環境になると、身が引き締まりますね。

新中学1年生のみなさんは入学式を終えて、学校生活に少しは慣れてきましたか?

特に新中学1年生は環境の変化に戸惑うことが多いと思います。

友人関係ではクラスや部活動によって小学校のときと違った人たちと付き合うことになり、生活面では部活動を終えた後に塾に行くことや、朝練のために早起きしなくてはならないことも。

そして学習面における変化も大きなもので、科目ごとに先生がいて、授業の進め方や提出物のルールなどを把握していかなくてはなりません。

簡単に言えば1日も早く慣れることが大切ということになりますが、目の前のことを1つずつ片づける、クリアしていくなどの繰り返しだと考えます。

来月には中間テストという1つ目のハードルがあります。

このハードルをどうやってクリアしていくのか、最初は先生たちが教えていきます。あとは工夫して自分の勉強方法を確立していくことが大切です。

まさに「習うより慣れよ」です。

 

魚崎教室教室長:宇野健一

2017年4月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 松本飛鳥

いよいよ激変の時代? パート2

前回で、大学入試制度が改革され、高校で「高等学校基礎学力テスト」と「大 学入学希望者学力評価テスト」の2種類の試験がスタートする予定であることを お話しました。

前者のテストは、高校2年生から受験できて、出題範囲は「コミュ ニケーション英語Ⅰ」「数学Ⅰ」「国語総合」が予定されています。

また、英語に ついては、「聞く」「話す」「読む」「書く」の四技能を測るテストになるそうです。

つまり、高校1年生から継続学習していないと高校2年生で受けたときの結果が さんざんなものになります。

また、統計的な処理を行うことで、個人の成績推移 を把握できるようになって各単元の習得ができているかが明確になります。

これ に大学受験希望者には後者のテストもあるので日々に学習していないと問題を解 くことすらできないでしょう。

記述も一部利用されるので思考力を養ったうえで、 「書く」という学習も今まで以上に意識し、普段の学習習慣で実力を身に着けるよ うにしなければならないのです。

 

学文教室教室長:池田良哉

2017年4月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 松本飛鳥

警報発令時の授業について

1.休講とするのは次の場合となります。
授業の始まる2時間前の段階で、気象警報(大雨、洪水、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮)が発令されている場合。

2.各教室休講の対象となる警報発令市町村は以下の通りです。
「神戸市」…六甲本部教室、王子公園教室、鷹匠中マスター教室、長峰中マスター教室、烏帽子中マスター教室

「西宮市」…学文教室、浜脇中マスター教室、今津中マスター教室
3.ご注意
①警報発令の有無は気象庁発表のものを基準とします。
“警報発令の有無は気象庁発表のものを基準とします。神戸地方気象台のホームページなどをご参照いただき、警報発令の有無をご確認ください。
【神戸地方気象台ホームページ】http://www.jma-net.go.jp/kobe-c/”

②授業開始2時間前に発令されている場合。
各時限の授業開始2時間前に警報が発令されている場合は、その日の当該時限の授業はすべて休止します。したがいまして、途中で警報が解除されましてもその日の当該時限の授業は行いませんのでご注意ください。

③授業途中に警報が発令された場合。
授業途中警報が発令された場合は、その際の気象状況等からお子さまの安全を考え、授業を継続する場合と授業を中断して早めにご帰宅願う場合とが考えられます。また、ご帰宅いただく場合は安全に十分注意するよう指導させていただきますが、場合によってはお迎えをお願いする場合があります。

2016年10月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : infinity