時代の流れ

以前の新聞記事で、兵庫県の人口転出超過数(転出が転入を上回った数)が全国ワースト3の6760人というデータに驚きました。

転出数の半分以上が20代の若者で、大阪や首都圏への転出が目立つそうです。

時代によって働き方などが変わり、それに伴って居住地を決める要因は多様化しています。

若者が転出する要因も、都市圏への一極集中という時代の流れということが挙げられるでしょう。

また、大学入試も時代の流れにあわせて変わります。これまでの入試では知識・技能を多く求められていたものが、今後は習得した知識をどう活用し、どう表現するかという点が求められます。

いわゆる思考・判断・表現力と言われる能力を鍛えていく必要があります。

]これらは当然、短期間で身につくものでありませんので、普段の授業で少しずつ吸収していくことが重要です。

テスト前にあわてて詰め込むような勉強方法をしている生徒は、将来を見据えて勉強方法の改善をしましょう。

 

魚崎教室教室長:宇野健一

2017年6月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 松本飛鳥

習うより慣れよ

新しい環境になると、身が引き締まりますね。

新中学1年生のみなさんは入学式を終えて、学校生活に少しは慣れてきましたか?

特に新中学1年生は環境の変化に戸惑うことが多いと思います。

友人関係ではクラスや部活動によって小学校のときと違った人たちと付き合うことになり、生活面では部活動を終えた後に塾に行くことや、朝練のために早起きしなくてはならないことも。

そして学習面における変化も大きなもので、科目ごとに先生がいて、授業の進め方や提出物のルールなどを把握していかなくてはなりません。

簡単に言えば1日も早く慣れることが大切ということになりますが、目の前のことを1つずつ片づける、クリアしていくなどの繰り返しだと考えます。

来月には中間テストという1つ目のハードルがあります。

このハードルをどうやってクリアしていくのか、最初は先生たちが教えていきます。あとは工夫して自分の勉強方法を確立していくことが大切です。

まさに「習うより慣れよ」です。

 

魚崎教室教室長:宇野健一

2017年4月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 松本飛鳥

いよいよ激変の時代? パート2

前回で、大学入試制度が改革され、高校で「高等学校基礎学力テスト」と「大 学入学希望者学力評価テスト」の2種類の試験がスタートする予定であることを お話しました。

前者のテストは、高校2年生から受験できて、出題範囲は「コミュ ニケーション英語Ⅰ」「数学Ⅰ」「国語総合」が予定されています。

また、英語に ついては、「聞く」「話す」「読む」「書く」の四技能を測るテストになるそうです。

つまり、高校1年生から継続学習していないと高校2年生で受けたときの結果が さんざんなものになります。

また、統計的な処理を行うことで、個人の成績推移 を把握できるようになって各単元の習得ができているかが明確になります。

これ に大学受験希望者には後者のテストもあるので日々に学習していないと問題を解 くことすらできないでしょう。

記述も一部利用されるので思考力を養ったうえで、 「書く」という学習も今まで以上に意識し、普段の学習習慣で実力を身に着けるよ うにしなければならないのです。

 

学文教室教室長:池田良哉

2017年4月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 松本飛鳥

警報発令時の授業について

1.休講とするのは次の場合となります。
授業の始まる2時間前の段階で、気象警報(大雨、洪水、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮)が発令されている場合。

2.各教室休講の対象となる警報発令市町村は以下の通りです。
「神戸市」…六甲本部教室、王子公園教室、鷹匠中マスター教室、長峰中マスター教室、烏帽子中マスター教室

「西宮市」…学文教室、浜脇中マスター教室、今津中マスター教室
3.ご注意
①警報発令の有無は気象庁発表のものを基準とします。
“警報発令の有無は気象庁発表のものを基準とします。神戸地方気象台のホームページなどをご参照いただき、警報発令の有無をご確認ください。
【神戸地方気象台ホームページ】http://www.jma-net.go.jp/kobe-c/”

②授業開始2時間前に発令されている場合。
各時限の授業開始2時間前に警報が発令されている場合は、その日の当該時限の授業はすべて休止します。したがいまして、途中で警報が解除されましてもその日の当該時限の授業は行いませんのでご注意ください。

③授業途中に警報が発令された場合。
授業途中警報が発令された場合は、その際の気象状況等からお子さまの安全を考え、授業を継続する場合と授業を中断して早めにご帰宅願う場合とが考えられます。また、ご帰宅いただく場合は安全に十分注意するよう指導させていただきますが、場合によってはお迎えをお願いする場合があります。

2016年10月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : infinity

【9/20 16:30】本日の授業について

9/20(火)16:30現在、

神戸市・西宮市に発令されていた気象警報が解除されましたので、

19時以降の授業については、通常通り授業を行います。

2016年9月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : infinity

【9/20 13:00】本日の授業について

9/20(火)13:00現在、

神戸市・西宮市に気象警報が発令されています。

17時~の授業については、15時の時点で、

19時~の授業については、17時の時点で

気象警報が発令されている場合、本日の授業は休講となります。

2016年9月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : infinity

【重要】地震対応について

2016年4月14日以降に発生した、熊本県を震源とする地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

当塾では、地震に備えて、生徒のみなさまの安全確保を第一に、下記のとおり対応マニュアルを作成しております。

保護者のみなさまにおかれましては、この機会にご一読いただき、お子さまと地震災害時の行動について示し合わせをお願いいたします。

 

『地震対応マニュアル』

取り組みへの「ご理解と協力」のお願い

 

当塾では、生徒のみなさまの安全確保を第一に考え、地震に対して次の対策を講じます。

 

★授業前に震度5以上の地震が発生した場合

 

  • 当日の授業をすべて休講とします。
  • 翌日以降の授業については、その後の状況に応じて判断をし、各ご家庭に連絡をいたします。

 

★授業中に震度5以上の地震が発生した場合

 

  • 授業中に震度5以上の地震が来た場合、授業を中止し、保護者の方との連絡が取れ次第、全員を帰宅させます。できるだけお迎えをお願いいたします。
  • 保護者の方と連絡が取れない場合は、連絡が取れるまで生徒には帰宅させずに教室にてお預かりいたします。
  • 震度4以下の地震の場合は、状況に応じて判断をいたします。

 

★授業後に震度5以上の地震が発生した場合

 

  • 翌日の授業は休講といたします。

 

★避難について

 

  • 教室所在地に避難勧告が出された場合、地震により教室が安全な状況ではない場合、地震による二次災害が発生したり、その危険が予想される場合に、広域避難地に避難を行います。
  • 避難の際には、教室前に避難場所、連絡先を掲示しますので、まずは連絡をお願いいたします。
  • 避難先からの帰宅についても、保護者の方との連絡が取れてからになります。連絡が取れるまでは職員が責任を持ってお子さまをお預かりいたします。

 

☆その他、状況に応じてお子さまの安全を最優先に臨機応変に対応させていただきます。

 

※地震の影響による休講分に関しては、天災のため免責とさせていただき、授業料の返金は致しません。

 

 

個別学習塾インフィニティ

本部事務局

 

 

2016年4月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : infinity

【4/7 15:30】警報解除

先ほど、神戸市、西宮市に発令されておりました暴風、波浪警報が解除されましたので、17時以降の授業は通常通り行います。

2016年4月7日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : infinity

【4/7 12:00】臨時休校のお知らせ

4/7(木)12:00現在、神戸市、西宮市に暴風、波浪警報が発令されているため、本日の17時までの授業はすべて休講といたします。

17時以降の授業につきましては、15時の段階で判断し発表させていただきます。

 

2016年4月7日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : infinity