音読タイム

 €

 €

今、小学5年生は、音読タイムで「大造じいさんとガン」を読んでもらっています。

 €

国語が苦手な子が何人かいます。

 €

彼らは、普段の音読タイムの時間も、わからない漢字はボソボソ読んでみたり、気づいたら1行とばしていたりと、まぁ、あの手この手で音読タイムをさっさと終わらせようとしてきます。

 €

国語の力をとまでは言いませんが、学校の国語の時間に先生にあてられて、スラスラ読めるようにはしてあげたい。そう思って始めた音読タイムやのに、このままじゃ、全く力にならないじゃないか~っ

 €

と、私の鬼心に火をつけてしまい、新たな音読タイムのシステムを考えました。

 €

 €

5年生で段落ごとにみんなで交代しながら読んでいく

初めて読んだ時のタイムよりも、テストの時のタイムが遅かったら宿題を追加する

テストまでは何度練習してもよい

 €

 €

1回目が4分ちょっと。

 €

練習で次に読んでみたら3分半。

 €

 €

おっ、30秒縮んだ。

 €

やればできるじゃないか。ふむふむ。

 €

 €

と思っていたら、

 €

 €

「もう一回、やろうぜ。」

「そうやな。もう少し早く読めそうや。」

 €

とかいいながら、普段なら、同じ文章を2回も3回も読むことはしないのに、勝手にまた練習し始めました。その後テストの時間がくるまで、ずっと繰り返し練習しました。

 €

 €

「そろそろ本番いこか。」

 €

おっ、さっき間違えた漢字もしっかり読めてるぞ。区切ってるところもおかしくない。いい感じ。がんばれ。あとちょっとだ。

 €

 €

 €

2分半!!!!!!!!!!

 €

 €

 €

目の前でパチンと音が鳴りました。

 €

 €

ハイタッチ。

 €

 €

久しぶりに見たなぁ。

 €

 €

 €

 €

 €

 €

 €

 €

1月25日火曜日 インフィニティあのね日記 松本飛鳥

www.infinity-goukaku.com

 €

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村