電球と月

 

 

 

小学3年生の男の子が、帰るときに、窓の外を見て、

「今日の月真ん丸やー」

と言って帰りました。

 

 

どれどれと上を覗くと、そこには外の電球しか見えません。

「電球と月と勘違いしたんかなぁ。」

と言って、笑いながら、4・5年生と話してたら、

 

「いや、見えるで。真ん丸の月」

「ほんまやー、見えるでー。」

「ほんまや、ほんまや。」

 

子供達が一斉に見えると言います。

でも私には見えない。はて。

 

 

私が立った状態では見えなくて、子供たちが座った状態なら見えるのならと、しゃがんで、下から覗き込むように見上げると、ほんまや見えた!!

 

 

子供の目線でしか見えないもの。

 

大人にはなかなか気づけないことがたくさんありますね。

勉強勉強。

 

 

明日は中学入試とセンター試験。どうぞみんながうまくいきますように。

 

1月17日金曜日 インフィニティあのね日記 松本飛鳥

www.infinity-goukaku.com