母の口癖「頭は生きているうちに使いなさい」

 

 

4 月に全国の公立小中学校で行われた全国学力調査から、どのような子が正答率が高かったのか、調査結果が出ていました。

 

全般に好成績の子の特徴は、

「家庭で計画的に学習している・授業の復習をしている」

「読書が好き」など。

算数・数学では

「解き方がわからないとき、あきらめずにいろいろな方法を考える」

「公式やきまりの理由を理解するようにしている」

「普段の生活の中で活用できないか考える」子ほど好成績でした。

国語は「意見の発表では、話の組み立てを工夫する」

「文章を読むとき、段落やまとまりの内容を理解しながら読む」

「考えの理由がわかるように気をつけて文章を書く」という子です。

 

逆に「ゲームの時間が長い」

「新聞を読まない」

「社会で起きている出来事に関心がない」子ほど正答率は低いようです。

 

日頃から「考える習慣」を持つことが大切ですね。

 

9月23日 火曜日 長峰中マスター教室 古田 芳郎

www.infinity-goukaku.com