本当に理解すること

毎年話題になる某局の大河ドラマ。

今回はみなさん周知の西郷隆盛が主人公です。

原作者は、直木賞作家の林真理子さんです。

老若男女問わずモテ男の切り口らしいですね。

幕末や戦国時代で何度も描いた歴史上の人物でも、いろいろな脚本があるのは、一味違って興味深いものです。

『西郷(せご)どん』は自分磨きのために、他人の体験から学べる読書に勤しみ、陽明学者の佐藤一斎の「言志四録」をバイブルとして、

 

「一喜一憂するな、平常心でいろ。」

「物事の大局を見ろ。」

「己を見失うな。」

「機が熟すまで待て。」

「幅広い知識を身に付けろ。」

「今の境遇を目いっぱい楽しめ。」

「己に克つ心がけを持て。」

「若いうちに勉強しろ。」

「近道には落とし穴がある。」

 

などの言葉を「座右の訓戒」として書き残しています。

人物を探れば、様々な解釈や想像ができたりします。

学習でも同様で知れば知るほど、いろいろな見方や解き方ができるのはおもしろいものです。

 

「基本侮らず、深く理解すれば味わい深し。」

教室長:池田良哉

2018年1月13日 | カテゴリー : 学文教室 | 投稿者 : 松本飛鳥