前向き

 

 

勉強が嫌いなAくん。

英語が嫌いなAくん。

テストを受けるときも、たぶんきっと、めんどくさくてちゃんと真面目に受けていないAくん。

 €

そんなA君にはライバルがいます。成績も同じくらいで、部活も一緒。

 €

ともに勉強が嫌い。

ともにテスト前も身が入っているのか入っていないのか。

ともに私に怒られない程度に真面目にがんばるけど、それ以上のことはしない。

ライバルと言っていいのか、仲間と言っていいのか。

 €

Aくんは、ライバルのBくんを見て、同じようなやつがおるしと安心していたのかもしれません。

もしかしたら、Bくんよりもできると思っていたかもしれません。

 €

3学期が終わり成績表が返ってきました。

A君の成績表はB君よりもはるかに下。

 €

A「俺、成績表は悪いけど、頭は上やもん。」

B「そんなん言っても、成績は俺のが上やねんから。お前の方がアホや。」

A「俺、ちゃんとやったらもっと上いけるもん。」

B「じゃあ、やれや。」

 €

 €

授業中にボソッと私に向かってAが言うのです。

「俺、2年生からちゃんと授業聞く。」

「そうやな。まずはそっからや。がんばったらできるんやから、がんばろ。」

 €

その日から、ちょっとずつAの姿勢が変わってきたように思います。

 €

そして今日、学校の宿題タイムの時間。

宿題の終わっていない子にとっては、ハッピータイムのはずなのですが。

 €

Aが言いました。

「先生、俺、宿題じゃなくて英語やってもいい??

 €

 €

 €

あれ、宿題やらなくていいの??

それより英語をやりたいの??

3か月前まで英単語を覚えろと言っても、なかなか覚えてくれなかったのに。

 €

 €

私の顔が少し右に傾いていたのでしょうか。

 €

Bが「俺より英語がすすんどうから、もっと進めたいねんて。」

 €

と理由を教えてくれました。

 €

 €

 €

ライバルがいることは、やる気スイッチを押しやすくしてくれます。

一人のやる気スイッチがオンになると、もう一人もオンになり、そこから先はともに成績が上がっていきます。

 €

 €

1学期の成績が今から楽しみです。

彼の「負けたくない」が、この先きっとたくさんの「できた」を生み出してくれるでしょう。

 €

がんばれA !!

 

月4日月曜日 インフィニティあのね日記 松本飛鳥

www.infinity-goukaku.com

 €

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村