傷つけられたくないもの

社会を教えていて難しいこと。

子どもたちの思う「神様」っていうのが「絶対的」なものではないっていうこと。

 

そのへんの難しい話は、友田先生や瓜生先生、古田先生あたりに聞くと熱心に答えてくれるかもしれない。

 

(うちの会社のおじさまたちは(瓜生先生はまだ若いけど…)みんな本を読むのが好きで知識も広くそして深い。だから、時々いろんな話を聞いて勉強させてもらう。何かを学ぶというのは楽しい。そして、そこで得た知識を我が物顔で生徒に話す私…)

 

話がそれた(これも私にはよくあること…)

 

私は教科書の内容を説明しなくちゃいけなくて、だから、難しいけど「絶対的」という言葉を説明する。

 

「傷つけられたり、汚されたり、悪口言われたくないものはある?」

 

「ナンチャラカンチャラ(長すぎて覚えられなかったが、バスケットの有名な選手。)。」

これを言ったのは、バスケ部の生徒。

 

「えー、そんなんおらんわー。」

ほとんどの子が言う。

 

うん、わかる。私もそうだ。

 

「先生、旦那さんは?」

 

いや別に、だんなの写真くらいなら切りきざめるかなー

 

といつものようにネタで答える。みんなで笑っていると、誰かが

 

「あー、家族の写真はちょっと嫌やなー。」

 

「それわかるわー。」

 

と話が続く。

 

 

 

「絶対的」とはちょっと違うかもしれないけど。

 

家族は、写真ですら傷つけられたくない、大切なもの。

 

反抗期まっただ中の中学生にとっても。家族は大切なもの。らしい。

 

 

11月8日火曜日 インフィニティあのね日記 松本飛鳥

www.infinity-goukaku.com