今年の公立高校入試

 

中学卒業生のみなさん、公立高校入試、そして1年間の受験勉強、お疲れ様でした。

今年の入試は、例年よりも難しくなりました。特に理科は計算問題の量が増えただけではなく、思考する問題が多かったこともあり、時間が足らなかった人も多くいたと思います。また、国語では評論文の内容が難しく、語彙力がなければ対応できなかったと思います。その他の科目は例年並みよりちょっと難しいかなという難易度でした。

数年前と比べると入試問題は一気に難しくなっており、より高いレベルでの思考能力と知識が必要となってきています。
そこで今回は、実力が身につく受験勉強のやり方についてお話ししていきましょう。

受験勉強で大切なことは、勉強したことを確実に身につける仕組みを作ることです。赤で答えを書いただけで満足してしまう。答えを読んで頭で理解しただけでできるようになったと思ってしまう。これでは、せっかく勉強したのに、わからないままになっていたり、すぐに忘れてしまったりで、これではどれだけ勉強をしても実力は身につきません。これが勉強しているのに成績が上がらない人の典型的なパターンです。勉強とは、わからないことを理解し、使えるようにすることです。問題を解く⇒間違える⇒理解する⇒練習する⇒身につける、といった勉強の流れを作ることが一番大切です。

こういった話を生徒によくするのですが、本当に実践している人は多くありません。一度勉強したところをもう一度勉強するのは面倒くさいかもしれません。頭ではやった方がいいのはわかっていてもなかなか実践できないのもわかりますが、広い範囲をサラッと勉強するよりも狭い範囲を何度も勉強するほうが確実に内容を身に付けることができます。今から1年間これを意識するだけで成績は変わってきます。

今から1年間これを意識するだけで成績は変わってきます。