インフィニティ あのね日記

インフィニティからのお知らせや日々の教室での出来事など

〇 公立中学校 2学期期末テスト対策

11 月は各公立中学校で2学期期末テストが予定されています。

各マスター教室では1週間前から補習授業、土日は特別対策特訓を行います。時間などの詳細は各教室までお問い合わせ下さい。
〈各中学校 テスト対策ウィーク日程〉 ※期末テストの日程が変更となった場合には、テスト対策ウィークの日程も変更となります。
【神戸市灘区】
・鷹匠中  11/22(水)~ 11/30(木) 場所:鷹匠中マスター教室
・長峰中  11/20(月)~ 11/28(火) 場所:長峰中マスター教室
・烏帽子中 11/20(月)~ 11/28(火) 場所:烏帽子中マスター教室
・上野中  11/14(火)~ 11/23(木) 場所:王子公園教室
・原田中  11/22(水)~ 11/30(木) 場所:王子公園教室
【神戸市中央区】
・筒井台中 11/22(水)~ 11/30(木) 場所:王子公園教室
【神戸市東灘区】
・御影中  11/20(月)~ 11/28(火) 場所:六甲本部教室・魚崎教室
・魚崎中  11/22(水)~ 11/30(木) 場所:魚崎教室
・住吉中  11/21(火)~ 11/29(水) 場所:魚崎教室
【西宮市】
・学文中  11/13(月)~ 11/21(火) 場所:学文教室
・鳴尾中  11/14(火)~ 11/22(水) 場所:学文教室
・今津中  11/ 7(火)~ 11/16(木) 場所:今津中マスター教室
・浜脇中  11/13(月)~ 11/21(火) 場所:浜脇中マスター教室

 

外部生の受講も可能ですので、参加してみたいと思った方は、各教室にお問い合わせください。

2017年10月31日 | カテゴリー : ニュース | 投稿者 : 松本飛鳥

教えて友田先生!!~志望校の選び方~

急に寒いなと感じる日が増えてきましたが、みなさん体調は崩していませんか?

風邪をひいて、熱が出る、鼻水が止まらない、咳が出るといった状態では、集中して勉強することができません。

体調管理も受験の大切な一つの要素です。体と相談しながら勉強をするようにしてくださいね。
中学3年生のみなさん、志望校は決まりましたか?

まだ悩んでいる人も多くいると思いますが、12月に行われる三者面談で志望校を決めなければいけないので、11月中に志望校を固めておく必要があります。

そこで志望校を決めるポイントをいくつか紹介しておきます。
1.受験勉強中心か、部活や校外活動に力を入れている学校か?
2.大規模な学校か、少人数で丁寧な指導をしてくれる学校か?
3.通学に無理はないか?
4.進学校か附属高か?
附属の場合、内部進学、外部受験の実績をしっかり確認してください。
5.学校の周囲の環境は大丈夫か?
6.入試問題の難易度が自分に合っているかどうか。

(入試問題の傾向は、高校によって大きく異なります。まずは入試過去問をチェックして、どのような対策が必要なのも考えておきましょう。)

焦ってとにかく受かる所を…と考えていると、自分の希望がよく分からないままなんとなく高校に通うことになってしまいます。

いろいろな角度から志望校を考えてみましょう。

 

 

体調管理は万全に

夏の暑い日々はあっという間に過ぎ去り、一気に冬が近づいてきました。

先日までは半袖半ズボンでもなんとかなっていたとしても次の日はその格好だと寒くて動けない、そのような毎日です。

この季節に気をつけなければならないのはやはり体調管理ではないでしょうか。

もし準備をしていなければ、季節の変わり目に体が気候の変化についていけず、つい風邪をひいてしまうのはよくあることです。

特にこの季節は乾燥してくるので病気にかかりやすく、毎年脅威となっているインフルエンザが流行の兆しを見せ始めてきます。

日々の手洗いうがいを忘れない、多くの人がいる場所に行くときはマスクを着用するなどのすぐできる予防策をとることが肝心です。

また、受験生は予防注射を受けることも必要になってくるでしょう。

そしてもう一つ大事なことが、もし病気になってしまったら無理をせずにしっかり休むことです。

焦る気持ちもわかりますが、無理をすると治るのが遅くなり他の人に感染する恐れもあります。

今津中マスター教室教室長:瓜生翔太

半年という時間

今年の春まで勤務していた教室へ先日訪ねました。

教え子たちが勉強しているところをお邪魔したわけですが、およそ半年ぶりに見る姿は変化(成長)している面が彼ら全員に見ることができました。

身長が急激に伸び、声変わりしていたN君、部活の部長になったF君、連立方程式が驚くほどスラスラ解けていたF君、難易度の高い問題に食らいつくNさん。

以前と変わらない一面をのぞかせることもありましたが、半年あれば変化(成長)するものだと再認識しました。

さて、受験生は入試まで残り半年を切りました。

なんとしても志望校に行きたい、という気持ちを持続できれば半年で成長できます。

成長曲線は様々かもしれませんが、何もせずに変わることはできません。

まずは行動に移しましょう。

一歩ずつ一段ずつ進んでいくことの積み重ねが成長につながります。

半年後、成長したあなたたちと笑って話せる春になることを期待していますよ。

 

魚崎教室教室長:宇野健一

読書の秋です

ベネッセが高校生~社会人約3,000 人を対象に行った「現代人の語彙に関する調査」では、①読書と語彙力との関係については、「幅広いジャンルの読書をする人のほうが語彙力がより高く、特にノンフィクションを好んで読む人が高い、②「文章を読むときに細部より先に大枠をつかむことができる」「筆者の意見と事実とを区別して読むことができる」「筆者の主張を裏付ける理由や根拠に気をつけて読むことができる」などの論理的思考力(※自己評価回答)、に関しては、語彙力が「高い」グループと「低い」グループとでは、高校生で44.0 ポイント、大学生で38.6 ポイントと大きな差があった、とのことです。

読書などを通じて獲得した語彙数が多いほど、また様々な分野の本に興味を示し、読書量が増えることで文章の論理構成に慣れて把握がしやすくなるということでしょうか。

最近、生徒たちが休憩時間に教室に置いてある本を開く姿をよく目にするようになりました。

また興味を持ってもらえるような本を仕入れとこうかな…。

 

長峰中マスター教室 教室長:古田芳郎