インフィニティ あのね日記

インフィニティからのお知らせや日々の教室での出来事など

『Mr. 瓜生先生』とは言わないが

烏帽子教室から浜脇教室への移動の際、ふと『芦屋川 AshiyagawaRiv.』と表記されている標識を見かけました。

日本語に直すと『芦屋川-川』というニュアンスになる。夙川と同じように地名として利用されるからこのような表記になるのだろうか?だが、そうだとしても、『AshiyaRiv.』と表記するのが正しいのでは?

と思ってしまった。

それを教室の生徒と話してみた。結果、『gawa』では、外国人には『川』という認識に乏しくなり、後ろに『Riv.』を入れることで調整しているのであろうという結論に至った。

言われてみれば我々も外国人からしてみれば、??と思う日本語を使用している。

例えば、『チゲ鍋』という言葉。韓国の有名な料理であるが、これも本来『チゲ鍋』という言い方は不適切である。『チゲ』を訳すと『鍋( 料理)』という意味になるし、『サハラ砂漠』も同様である。でも、確かに日本人にしてみれば『鍋』とか『砂漠』と入っているほうがわかりやすいしリズムもいい。

 

『芦屋川River』-なんかかっこいい。

教室長:谷良太

がんばれ!受験生

中学3 年生のみなさん!

遂に入試の月がやってきましたね。

私立高校入試、公立高校推薦入試と立て続けに入試はやってきます。

残された時間は少ないですが、焦っても仕方がありません。出来なかった問題や見つかった苦手な単元は時間がかかったとしてもひとつずつ丁寧につぶしていくようにしましょう。

最後まであきらめずに勉強すれば何とかなるものです。頑張っていきましょう!

中学2 年生のみなさんも他人事ではありません。

今できていないことが中学3 年生になって急にできるようになるわけではありません。

受験を意識して勉強している人としていない人の雰囲気に差が出ています。

授業中に寝てしまう、宿題をやってこないという人はまだまだ受験生としての意識が足りません。

自分の行動が他の人の意識を下げていることに気付いてください。

部活があろうと勉強はするという意識をもっと高めていきましょう!

験担ぎ

2月の行事といえば節分の豆まきというのが定番ですが、気付いたら恵方巻という文化が完全に市民権を得ています。

節分の日に太巻き寿司を縁起のいい方向(恵方)を向いて無言で食べるというこの風習は大阪で生まれ、2000年代以降全国に広まったそうですが、九州出身の私はマスメディアを通じてしか知りませんでした。

これも本来のものとは異なった形式で日本独自の進化を遂げたバレンタインデーやハロウィンのように小売業界や広告代理店が仕掛けたブームなのだろうと冷めた目で見てしまう一方で、単純に食べるだけで縁起がよくなるなら験担ぎとしてはいいのではないのかとも思います。

毎年この時期になるとスーパーやコンビニでは受験合格祈願で様々な方法で商品名をもじったものが並んでいます。

そしてそれを「アホか」と思いつつ「こんなもので救われるなら」と考えてつい買ってしまうことが多々あります。

最後は精神力が大事になってくるわけですからこのような風習も馬鹿にできませんね。

 

教室長:瓜生翔太

誰が僧正遍昭やねん、もうちょい髪あるわい。

元旦に電話で起こされ初日の出なのに太陽雲で隠れた

初詣五分並んで願いごと神頼みして意味あるのかな

大晦日観たいテレビを我慢して勉強しながら除夜の鐘聞く

頑張るぞ受験勉強と思ったがいとことサッカーどちらも受験

もうだめだぜったいだめだ志望校赤本解いても点数上がらず

初めての受験の年のお正月残り日数かぞえてため息

お正月羽子板ついて餅食べてかるたをやってみたかったなあ

初日の出見てみたいなと思い寝て目が覚めたのは朝十一時

 

中3 生に短歌の宿題を年末年始に出したところ、ユーモアやペーソスあふれる歌が返ってきました(実を言うとそんな宿題そっちのけで勉強にいそしんでいたのか、ほぼ全
員その場で即興でひねっていたようですが笑)。高校受験もいよいよ間近に迫り、やる気に燃えたり緊張や焦りに襲われたりはたまた達観に至ったり?などさまざまの様子。集中と気分転換を上手にさせてあげたい、自信をつけさせてあげたい、と思いつつはや二月、いざ臨戦態勢へ。

 

教室長:古田芳郎

2018年1月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 松本飛鳥

頼りすぎてもアカン!?

高校受験を控える受験生の顔に焦りの色が浮かんでくる時期になりました。

受験生によっては眠気覚ましにコーヒーを飲むことで、「もうちょっと頑張るか!」なんてこともあるでしょう。

コーヒーと同じようにカフェインを含むエナジードリンクも同様の効果が得られるのですが、飲みすぎで死亡したケースがあると聞きます。

カフェインは過剰に摂取すると中毒症状が出るとされ、激しい吐き気やめまいを起こし、心拍数が上がるようです。

受験間近になると、勉強しないと落ち着いて寝られない。

だから深夜まで勉強してから寝るという生徒がいます。

が、入試当日のリズムは夜型ではなく朝型です。少しでも頑張って覚えたいという気持ちはわかりますが、生活リズムを夜型にしてしまうのは逆効果です。

朝型の生活リズムに体を順応させて本番に挑むのも、受験対策です。夜型の生徒はカフェインに頼らず、自分の生活リズムを朝型に変えることからはじめましょう。

頼るのは勉強の神様にしましょう。

 

教室長:宇野健一

2018年1月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 松本飛鳥