もっとも温度差が出る時期

 

 

 気が付けば、二月下旬。

一年経つのは本当に早く感じます。

中学三年生は私学受験を終え、現時点で公立推薦入試の合否待ち、そして一般入試を来月に控えているという状態です。
毎年僕もこの時期は身を切るような思いです。

貴方達の受験に対するプレッシャーがひしひしと伝わってきます。

そんな貴方達に僕が出来ることは、一問でもニ問でも多く当日の問題が解けるように指導すること。

受験のプレッシャーをはねのける為には、これだけやったという『自信』が必要です。

残りわずかです。

最後まで頑張ろう。
 

一方、中1.2 年生はまだそこまでの焦りは当然ありません。

もっとも温度差が出る時期です。

貴方達にも受験については授業の合間にお話ししてきました。

公立高校を受験する為には、如何に内申点が大切か。必要か。

誰の為でもありません。

自分自身の為に頑張らなくてはなりません。

学年末テストシーズンです。

 

有終完美で終わらせよう。

 

2月18日月曜日 烏帽子・原田中マスター教室 谷 良太

www.infinity-goukaku.com