お花屋さん

 €

 €

桜の花がまだ満開だった時分のこと。

 €

出勤している通り道で、小学生の女の子が2人私の方に近寄ってきて、

 €

「はい。」

 €

とお花をさしだしてきました。

 €

??

 €

「これくれるん??

 €

と聞いたら、

 €

一人が

 €

「さっきお花屋さんをはじめたの。いまずっとお花を売ってまわってるの。」

 €

とにっこり笑って言いました。

 €

「じゃ、お金を払わなきゃいけないかな??

 €

「もうそれで最後だから、サービス。」

 €

「そう、ありがとう。」

 €

 €

私の手の中には、たんぽぽとチューリップ。

 €

 €

私が小さい時のこと従姉妹とおばあちゃんちの近くの公園で、つつじの花びらを摘んで、ままごとをして遊んでいました。すると私よりもちょっと年上くらいの男の子がやってきて、「こらぁ。公園の花ば摘んであそんだらだめ。」と怒って言いました。見ず知らずの人、それも同じ子供に怒られたことが最初は怖くて、逃げたのですが、もう一度かえって謝ったのを思い出しました。

 €

男の子は、「この花は、この辺の人たちが大事に咲かせた花だから。」のようなことを言っていたと思います。

 €

 €

さて、私の手の中のチューリップ。どうみても、どこかのプランターで積んできたと思われるチューリップ。

 €

 €

私は、彼女たちを注意したほうがよかったのか。

でも誰かを喜ばせたい気持ちもわかるし。

なんかうまい方法があったのじゃないか。

 €

こんなときとっさにいい方法が浮かばないことが、くやしい

 €

まだまだ修行が足りんようです。

 €

 €

 €

 €

月25日月曜日 インフィニティあのね日記 松本飛鳥

www.infinity-goukaku.com

 €

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村